トップへ戻る > > 夢を思い起こす質問

夢を思い起こす質問

小さい頃は夢がに溢れていたにも関わらず、今は自分の夢が何かもわからないという人は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

人間の記憶は、思い出したくない嫌なことを隠蔽しやすくなっています。
夢がないのではなく、夢にくじけたり現実性を感じられなくなる過程で、自分の奥にしまいこんでしまっています。
人間の最大の幸福は人生での夢・自己欲求を叶えることにあるといいます。

自分の心の奥に眠らせてしまっている夢を思い起こしてみせる方法があるといいます。
それを掲載している記事をご紹介したいと思います。

自分に質問をして、その答をノートに書いていくことで一度はあきらめた夢を思い起こしていきます。

自分が生活費以外で一番お金を掛けているものは何でしょう?
日常生活の中で無意識にやっていることのなかにそのヒントが隠されています。
一番自分が価値があると見いだしているので、それに一番お金を使っているのです。
なぜそれにお金を払い、それを手にして何を得ようとしているのかを探し出すことが大事です。

もしも自分の過去に戻れるとしたら、何歳の頃に戻り何からやり直しますか?
何も考えずにすぐに答えを書いてみましょう。
その頃に思い描いていた現実性のない事も出てくるでしょう。
この問いは自分が不可能だとと思って無意識のうちにあきらめていることをあぶり出すことに効果的です。
答を書き出したら後に、さらに自分に本当に今からではかなえることが不可能なのかを問いただしてみましょう。

一個だけ世界一の能力を貰えるとしたら自分はどんな能力を貰いますか? これも上の質問の意図と同じで、制約をはずして考える事で一度くじけて眠っていた夢を思い出すきっかけになります。


幼少期に時間を忘れて熱中していたことは何ですか? 小さいころに熱中していたことには、才能・金・現実性を一切せず純粋に生きていた時代です。
夢はこれを大人の世界に持ってくる作業になります。

両親から受け取った才能は何でしょう?
親の能力は自負していなくても受け継いでいるものです。

目をつぶって浮かんでくる10年後の輝かしい未来はどんな未来でしょう?
これはフューチャーペーシングという技術で、左脳で論理的に未来を導くのではなく、自由な発送で右脳からイメージした未来を感じ取るという方法です。
現実的な自分をリセットして妄想にふけてみてください。

恥ずかしすぎて言えない自分のやりたいことは何でしょう?
人から否定されたりバカにされたりされたくない大切な夢を『恥』という感情で包み隠している場合があります。
人に言わずに自分だけそれを明かしてみるといいでしょう。

これらの質問に答えると、漠然と自分の夢につながる好きなことや憧れが見えてきます。
飾るのではなく、自分自身の本当にやりたいことにじっくりと耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

自制心を養う為には無理をせずに時間を掛けてゆっくると自分自身と向き合っていくことが大切です。
まずは悪習慣を止めることからはじめてみましょう。

引用元記事(earth in us.):
スティーブ・ジョブズは言った。  「あなたの時間は限られている。それを他人のために浪費してはいけない。他人の考えの結果に囚われてはいけない。他人の意見によって、自分の内なる声をかき消してはいけない。一番大切なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。あなたは自分が本当は何になりたいかを知っている。それ以外は二の次だ。」  今、夢を起こす時が来た。


引用元URL:
「夢を思い出す」きっかけをくれる7つの質問 : earth in us.

 

この記事を読んだ人は、次にこんな記事を読んでいます。

 

コメント一覧

▲TOPに戻る

コメント投稿フォーム

お名前(ハンドルネーム可):*
メールアドレス(任意):
運営サイトのURL(任意):
コメント: